中古 一軒家 購入|中古 物件 購入のポイント!リモートワークも考慮

不動産

新型コロナウイルスの影響で、自宅でのリモートワークを経験したことで、職場と自宅の関係について考える機会が増えた方もいるかもしれません。

例えば、「都心に住む必要はなくなったかもしれないので、郊外に住むことも考えてみよう」とか、「今の家には集中して仕事ができるスペースがないので、ワークスペースを作りたい」といった思いが生まれたかもしれません。

そこで、買うのであれば理想的な家を手に入れたいと思うことでしょう。

その点で注目してほしいのが、中古住宅です。

新築住宅よりも価格を抑えられるだけでなく、購入後にリノベーションして住みやすい家にすることも可能です。

中古住宅を購入するメリットや、購入までの手順、そしてリフォームやリノベーションの進め方についてまとめました。

中古住宅購入のメリットは?

中古住宅には様々なメリットがあります。順番に見ていきましょう。

立地

住宅を購入する際には、まず立地を考慮する必要があります。

都心では希望の広さや予算に合った物件を見つけるのが難しく、郊外に住む方が良いのかどうか迷うこともあるかもしれません。

そのような場合には、すでに郊外に住み、都心へ通勤している方々の意見を参考にしてみることをおすすめします。

通勤に1時間以上かかる郊外に住んでいる方々を対象としたアンケートによると、静かであること、自然が豊かであること、治安が良いことなどが良かったと感じられているようです。

一方で、予想以上に通勤が大変だったり、車がないと外出しづらかったり、帰宅時の最終電車やバスの時間が早いことが予想外だったという意見もありました。

ただし、最近ではリモートワークの増加により、これらの点が気にならなくなることもあるかもしれません。

この情報は2018年の調査結果ですが、現在でも大きな変化はないのではないかと思われますので、参考にすると良いかもしれません。

メリットや購入時の注意点

中古住宅のメリットと注意点についてお伝えします。

2018年の調査では、中古住宅を購入した人のうち、一戸建てとマンションのどちらも9割以上の人が「満足した」または「やや満足した」と答えています。

中古住宅ならではの魅力としては、自分好みにリフォームやリノベーションを行うことができる点や、予算内の物件を探しやすい点、実際に家の日照や風通しの状況を確認してから購入することができる点が挙げられます。

また、多くの人が中古住宅の購入時には築年数や設備の不具合、家の内部にあるキズや傷みに気をつけています。

新築を購入することを考えている方も多いかもしれませんが、9割もの人が中古住宅の購入に満足しているという結果から見ると、中古住宅の購入を検討する価値はあると言えるでしょう。

失敗しない中古物件の探し方

中古物件を選ぶ際には、いくつかの重要なポイントに注意する必要があります。

特に初めて家を購入する場合は、多くのことが分からないでしょう。

新築物件を探す際にも共通することに加えて、中古住宅ならではのポイントにも注意が必要です。

物件選びのポイント

まずは中古戸建の場合を見ていきましょう。

中古戸建の場合

物件を選ぶ際には、細心の注意が必要です。

一戸建てとマンションでは、注意すべき点が異なる場合もあります。

例えば、中古の一戸建てを選ぶ場合、物件に関連する書類を細かく確認する必要があります。

特に、「建築確認済証」や「検査済証」がちゃんと交付されているかどうかを確認することが重要です。

これによって、違法建築や耐震性に問題のある建物を見分けることができます。

図面だけでは判断できない場合は、不動産会社に相談したり、専門家にチェックしてもらうことも考えましょう。

また、物件を実際に見学する場合には、細かい点にも注意が必要です。

例えば、配管の点検口や家具の裏などにカビが発生していないか、基礎や外壁にひび割れや異常な汚れがないかを確認しましょう。

これらの点は、建物の健康状態や耐久性を判断する上で重要な要素です。

カビやひび割れがある場合は、後々のトラブルや修繕費用の増加につながる可能性があります。

そのため、しっかりと確認しておくことが大切です。

以上のように、物件選びには慎重な確認が必要です。

悪質な物件や問題のある部分を見逃さないように注意しましょう。

中古マンションの場合

中古マンションを検討する際には、既にその物件に住んでいる方がいることを考慮する必要があります。

これには、購入を検討している居室内だけでなく、共用部分の状態や使い方も重要なポイントになります。

まず、エントランスや廊下、ゴミ置き場などの共用部分がきちんと清掃されているかどうかを確認してください。

また、管理組合がしっかり機能しているか、管理費や修繕積立金の運用状況はどうか、修繕計画が適切に策定されているかも確認しておくと良いでしょう。

居室内では、特に水回りの配置に注目しましょう。

もしリフォームやリノベーションを考えているのであれば、水回りの位置を変える工事は高額になる可能性があります。

また、水栓や給湯器などの設備は経年劣化しますので、壊れていないかどうかを確認し、最近更新されたかどうかもチェックしましょう。

もし部屋のオーナーがまだ居住中ならば、マンションの管理状況や住み心地、周辺環境について直接聞いてみることもおすすめです。

彼らから直接情報を得ることで、より具体的なイメージを持つことができるでしょう。

築年数について

中古の住宅を選ぶ際に重要なポイントとして、築年数があります。

古い物件を購入する際には、築浅の物件を選ぶ傾向がありますが、築年数が経っていてもきちんと管理されている物件であれば、問題なく快適に住むことができます。

また、古い物件の方が価格も抑えられる場合もあります。

ただし、購入前に建物のチェックを十分に行うことが重要です。

特にマンションの場合、古い物件が旧耐震構造でないかどうかも確認してください。

専門家にホームインスペクションを依頼し、住宅を診断してもらうこともおすすめです。

専門家の目で建物の状態をチェックしてもらうことで、より安心して購入することができます。

中古物件のリフォーム・リノベーション

最近注目されている方法として、中古の住宅を購入して、費用を抑えながら使いやすくリノベーションするというものがあります。

中古住宅は新築住宅に比べて安価で手に入るため、まずはリフォームやリノベーションを行い、自分たちの理想の家を作り上げることができます。

中古住宅を買ってリフォームする場合、古くなった設備や内装を取り替えることで、新築同様の快適な住環境を手に入れることができます。

リノベーションする

リフォームとは、部分的な改修や修繕を行うことですが、リノベーションは内装や設備を全面的に刷新し、大規模につくり変えることができます。

古い住宅に対してリノベーションを施すと、コスト面でのメリットがあります。

しかし、築浅の物件に対して行う場合、新築購入とほぼ同じくらいの費用がかかることもあります。

また、リノベーションを行う上で注意が必要です。

物件の構造や給排水設備によっては、思い通りにリノベーションすることができない場合があります。

また、古い建物には、リノベーションの途中で傷んでいる箇所が見つかることもあります。

その場合、追加の補修工事が必要となり、追加費用が発生する可能性もあります。

リノベーションを行う場合、物件を探す段階であらかじめ不動産会社に希望を伝えるか、施工会社を決めてから相談することがおすすめです。

これにより、リノベーションに適した物件を探す際に役立ちます。

リフォームする

リフォームとは、古くなった住宅の一部を修復・改装する工事です。

築年数に応じて、必要なリフォームの範囲や内容が異なることがあります。

ただし、以下に示す内容はあくまで目安です。

築5年未満の場合、一般的にはハウスクリーニング程度で対応できることが多いです。

壁紙や床材の交換はほとんど必要ありません。

そのため、費用も比較的低額で済むことが多いです。

一方、築10年を超えた住宅では、壁紙の交換が必要な場合が多くなります。

クロスの劣化や色褪せが見られることがありますので、全面張り替えが必要です。

また、一部の床材や建具も新しく取り替えることが適切な場合もあります。

一般的な規模の100m2のリフォームの場合、おおよそ50万円程度の費用がかかることが目安です。

そして、築15年を過ぎると、水回りの設備の交換が必要になってきます。

台所や浴室、トイレなど、水を使用する場所の設備は、一定の寿命があります。

この時期になると、これらの設備の老朽化が進んでいることが多いです。

そのため、交換が必要となります。

ただし、この時点でのリフォーム費用はかなり高額になることが予想されます。

また、必ずしも築年数だけで決まるわけではありません。

建物の保存状況や管理状態も重要なポイントです。

保存状態が悪い場合、傷みが進行しているため、目安よりも費用が高くなることもあります。

また、元々リフォームに向いていない物件であったり、特定の問題がある場合は、リフォームが困難な場合もありますので、注意が必要です。

リノベーションやリフォーム済みの物件を選ぶ

すでに改装やリノベーションが行われた物件を販売している会社も存在しています。

自分で改装やリノベーションのことを考えるのはやや困難だと感じる方にとっては最適ですが、注意すべき点も存在します。

中古住宅を購入してから改装やリノベーションを行う場合、物件を購入してから改装やリノベーションが完了するまで入居することができません。

しかし、改装やリノベーション済みの物件であればすぐに入居できます。

外観は古くても、室内や設備は新築並みにきれいであるため、日常生活において困ることはほとんどありません。

ただし、工事の過程を直接見ることはできないため、柱や梁、壁の下地、配管などの外からは確認できない部分がどのような状態になっているかを確認することは難しいと言えます。

改装やリノベーション済み物件のデメリットとして挙げられます。

物件を見学する際には、改装箇所を重点的に確認すると同時に、工事の施工写真や図面があれば見せてもらうことも良いでしょう。

また、不動産会社に相談した上で、専門家による住宅診断「インスペクション」を行うことでより安心感が得られます。

まとめ

中古住宅を選ぶと、自分が使いやすい家を手に入れることができて、しかも費用を抑えることができるというメリットがあります。

ただし、耐震性など気をつけるべき点もあるので、確認すべきポイントを理解し、提示された書類を十分に確認することが重要です。

また、上手にリフォームやリノベーションを行えば、古い家でも使いやすく、おしゃれに生まれ変わらせることができます。

これまで新築を選ぶと考えていた方も、中古住宅を選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。